CSR 活動CSR 活動

HOME > CSR 活動

SDGsへの取り組み
あさひハウジングセンターは、CSR活動の一環として、国連が提唱する「持続可能な開発目標」に賛同し、持続可能な社会の実現に向けてSDGsを推進した住宅供給に取り組んでおります。
あさひハウジングセンター
SDGs
  • 2030年に向けて世界が合意した
    「持続可能な開発目標」です

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。 17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます(外務省ホームページより)。

活動実績

社会・経済・環境への取り組み
住宅メーカーとしての責任

  • 省エネ住宅の
    継続供給

    CO₂の排出を削減し、地球温暖化を住環境から食い止めます

  • F☆☆☆☆建材の
    採用

    シックハウス症候群等から身を守り、高断熱・高気密住宅とすることで浴室等におけるヒートショックから命を守ります

  • トップランナー
    仕様

    快適な室温を保ち、電気やガスなど家庭で使うエネルギーを削減することによって、人々の経済を豊かにします

  • 「自然エネルギー」
    プラン

    自然エネルギーを最大限に生かすプランづくりにより、健康的な暮らしを提案します

社会への取り組み
教育と健康に対する意識

  • 盲導犬
    育成支援

    日本盲導犬協会に毎年寄付し、盲導犬の育成活動を支援しています

  • 資格支援
    制度

    資格取得を目指す従業員に向けて、教育の場の提供、あっせん、経済的支援をしています

  • インフルエンザ
    予防接種

    インフルエンザ予防接種費用を全額負担し、健康意識と安心感を持って働ける環境を目指しています

  • 地元スポーツ団体
    支援

    横浜DeNAベイスターズを継続支援し、地域のスポーツ文化振興とその先にある心身ともに健康的な未来を目指します

環境への取り組み
利用資源の最小化を目指す

  • ペーパーレス活動

    iPad支給や各種電子化によって設計図面など様々な書類の不要な印刷を防ぎ、森林を守ります

pagetop