スポーツの秋 F1 【総務部 幸坂】2016年10月11日 16:23

こんにちは。総務部の幸坂です。
季節も秋へと移り、だいぶ涼しく過ごしやすくなりましたね。
秋といえば食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋...と色々な楽しみがありますが今回はスポーツの秋、特にモータースポーツF1について取り上げたいと思います。

10月7日から9日にモータースポーツの最高峰F1日本GP(鈴鹿GP)が三重県・鈴鹿サーキットで開催されました。F1ウィークのサーキット内ではレースの他に様々な楽しいイベントがありお祭りのようで3日間毎日楽しめます。今年の来場者数は3日間で14万人と2006年の35万人をピークに年々減少し、ついに過去最少となってしまいました。やはりレースの地上波・BS放送がないこと、日本人ドライバーの不在も影響しているのでしょうか。そんなこともあり今や馴染みの薄いスポーツになってしまったF1ですが、それでもHondaがパワーユニットのサプライヤーとして参加していますので日本にまったく馴染みがないわけではないのです。それに会場内は例年通り盛り上がっていました。

kosaka1.gif
数年前の鈴鹿GPの様子。人の多さに圧倒...

はじめは今年のF1観戦記を!とも思いましたが、今回はまずF1に少しでも興味を持っていただきたいと思ったので私個人が感じる魅力について挙げみようと思います。


【その1:マシンが美しい】

kosaka2.gif kosaka3.gif

とにかく形が美しい。毎年デザインは少し変わりますがいつ見てもその美しさに釘付けです。この美しいマシンで開幕戦オーストラリアGPから最終戦アブダビGPまでの21戦を戦い抜きます。このF1マシンは驚くことにいつ見ても美しさが変わらないのです。予選で見ても、決勝で見ても開幕戦でも最終戦でもその美しさは少しも衰えないのです。美しさを保ち続ける為にかなりの手間とお金が掛かっているのでしょうね。Ferrari(左)とRed Bull(右)の写真です。写真だと美しさが伝わらないのが残念。太陽の下で見るマシンは色艶が良くキラリと輝き本当に美しいです。輝きながら高速で駆け抜ける姿には感動しかないですね。
今年はフェラーリの公道車両認証50周年記念で歴代マシンが会場に展示されていました。

kosaka4.gif kosaka5.gif


【その2:エンジン音】
F1の象徴でもあるエンジン音。F1に馴染みのない人でも思い浮かぶポイントではないでしょうか。しかしながら映像を通しての音と実際の音では全然違います。私もはじめて生でエンジン音を聞いた時はテレビでは感じられなかったお腹の底に響くような感覚に驚き「凄い...」としか言えませんでした。耳ではなくお腹に響くのです。この感覚は実際に会場で体験してみないとなかなか伝わらないかもしれませんが...とにかくサーキットでエンジン音を聞くとF1に来たんだ!と気分が盛り上がり心躍ります。
2014年はレギュレーションの変更でかなりおとなしい音でした。あの時のショックは例えようのないものです。やはりF1は爆音でないと物足りないですね。スタート前22台が一斉にエンジンをふかしているひと時はこれからレースがはじまる高揚感と相まって本当に心躍る瞬間です。


【その3:バトル】
やはりF1最大の魅力はこれではないでしょうか。今年の鈴鹿GPでもメルセデスのハミルトンとレッドブルのフェルスタッペンの2位、3位争いにハラハラ・ドキドキさせてもらいました。抜けるか、抜けないか、絶対抜かせるもんかという意地が見え隠れする面白いレースでした。馴染みのない方にはただ車が走っているだけの印象かもしれませんが、実際は一人のドライバーを勝たせるためにチーム一丸となって様々な戦略を練っているのです。どのタイヤをまず履かせるか...ピットインのタイミングや回数、コンマ数秒の争う世界であり(ピット作業、4つのタイヤ交換にかかる時間は2秒から3秒!)、300km/hを超える速度でのドライバー同士のテクニックがぶつかり合うバトルはF1最大の魅力です。

kosaka6.gif

あいにくの曇り空で写りが良くないのですが今年の日本GPの表彰式の模様です。
激しいバトルを戦い抜き表彰台を勝ち取ったドライバー達。今年の鈴鹿winnerはメルセデスのニコ・ロズベルグ。かなりのイケメンドライバーで男性だけでなく女性ファンも多いです。会場はフェラーリカラーの赤が目立ちますが、メルセデスのチームTシャツやキャップに身を包んだファンも多く見かけます。話が逸れてしまいましたが、好きなドライバーやチームを見つけ応援するのもF1を好きになるきっかけのひとつだと思います。

ほんの少しだけF1の魅力についてご紹介しましたがいかがでしょうか。少しでもF1に興味を持っていただければ幸いです。

それでは最後に食欲の秋、三重名物トンテキでお別れです。

kosaka7.gif

« 2016年東欧散策【設計部 小河】 | ブログトップへ | 表彰されました! »