ご当地絶品ハンバーグ☆【設計部 池田】2015年09月30日 13:08

こんにちは。静岡県出身、設計部の池田です。
突然ですが、静岡のご当地グルメといえば、何を思い浮かべますか??

富士宮焼きそば、静岡おでん、浜松餃子など・・・
B級グルメで話題になり、県外でもたまに見かけるので、
食べたことがある人もいるかもしれません。

しかし!
静岡県民で生まれ育った私が本当におすすめしたいご当地グルメはほかにあります!

その名も げんこつハンバーグ
genkotu.jpg

今回はそのスーパーデリシャスなハンバーグをご紹介します!

げんこつハンバーグは「炭焼きレストランさわやか」という
静岡県内のみでチェーン展開するお店の看板メニューです。
噂を聞きつけて、県外からわざわざ足を運ぶ人も多いみたいです。
グルメ通な人は、もしかしたらご存じかもしれませんね!

こんな感じのお店です。
木造りの温かい雰囲気のお店で、赤い瓦屋根と大きな看板が目印になります。

sawayaka.jpg tennai.jpg

げんこつハンバーグは、赤身の牛肉100%で、つなぎを使っていません。
炭火でじっくり焼き上げられて、ギュッと詰まったお肉のうまみを存分に味わえます。

げんこつハンバーグを注文すると、まんまるげんこつ型のハンバーグは、
ステーキでいう「レア」の状態で、アツアツの鉄板に乗って、テーブルにやってきます。

そして店員さんが目の前でハンバーグを割り、仕上げの調理をしてくれます。
最後にオリジナルのオニオンソースをたっぷりかけて、
いざ!いただきます!

hanba-gu.jpg

ミディアムレアに焼きあがっています!
(断面をお見せしたかったですが、写真を撮るのも忘れて一気に食べてしまいました)
付け合せの野菜もおいしく、パーフェクト!ごはんがすすみます!

神奈川県にはハングリータイガーという、似たようなスタイルのハンバーグが食べられるお店がありますが、
断然さわやかのげんこつハンバーグが美味しいと思います。(個人の感想です)

ちなみに、ソースはデミグラスとオニオンの2種類から選べます。
これが重要ポイントですが・・・
デミグラスソースよりも、オニオンソースが 絶 対 に!おすすめです。
デミでももちろん美味しいのですが・・・

もし、静岡旅行から帰った友達が
「げんこつハンバーグ、デミグラスソースで食べてきたよ?」なんて言ったら、
「もう一回行って、オニオンソースを食べてきなさい!」と言いたくなるレベルです。


そんなげんこつハンバーグですが、
工場1か所でのみ生産し、新鮮なうちに届けられるよう、
静岡県内にしかお店を出さないそうです。
なので、本当に静岡でしか食べられません。

わたしが夏休みに帰省したときには、
地元について最初の食事でさわやかに行き、
地元を出る最後の食事でもさわやかに行きました。
ここぞとばかりに・・・食べ溜め(?)
本当に何度でも食べたくなる美味しさなんです!

関東から一番近い店舗は、富士市内にあります。
静岡方面へお越しの際は、ぜひお立ち寄りください!

そのときはぜひ、オニオンソースでご賞味くださいね☆

« 2015年8月 | ブログトップへ | 2015年11月 »