井の頭公園 【住宅事業部 吉田】2014年05月26日 11:36

住宅事業部の吉田です。

本日は、自宅から20分程歩いたところにある「井の頭公園」についてご紹介したいと思います。


「井の頭公園」は、武蔵野市と三鷹市にまたがる都立公園です。
井の頭池は豊かな湧水を誇っており、古くから人間の生活に不可欠な水源となっていたことが窺えます。


場所は、JR中央線、京王井の頭線「吉祥寺」駅から、南に500m位歩いたところに位置しており、
北西から南東にのびる細長い池があります。
春は、さくらが満開に咲き乱れ、その美しさで人々を魅了しています。
yoshi1.jpgyoshi2.jpgyoshi3.jpgyoshi4.jpg

日曜日や祭日になると、大勢の人たちで賑わうので、アートマーケッツや大道芸などの見どころも多く、
人々が足を足を止めては露店主と楽しげに会話している光景が、あちらこちらで見受けられます。


池の周りには、生茂った樹木の中にカフェテラスがあり、とても落ち着いた雰囲気なので、お茶をするだけでも
心が癒されるのではないでしょうか。
yoshi5.jpgyoshi6.jpg

園内には、井の頭自然文化園があります。園内には野鳥の展示と、水生物館と動物園があります。


野鳥園では、野鳥の展示に加え野鳥の卵も展示されており、大変興味深いものがありました。
yoshi7.jpgyoshi8.jpgyoshi9.jpgyoshi10.jpg

水生物館では、井の頭公園内で生息している淡水魚やオオサンショウウオもおり、外来生物の
巨大かみつきガメがいたりして、その大きさに恐ろしさを感じました。
yoshi11.jpgyoshi12.jpgyoshi13.jpgyoshi14.jpg

通りを渡って動物園に行くと、アライグマ、マーラ、アナグマ、サルがいて、それぞれの特徴のある
かわいい表情で、小さい子供たちを夢中にさせていました。

ぞうのはな子は、現在67歳で、あいにくの雨で外には出られませんでしたが、とても元気そうでした。
yoshi15.jpgyoshi16.jpg
yoshi17.jpgyoshi18.jpg


最後に放し飼いのリス園に入りました。
自然界のリスは神経質で怖がりですが、ここは人なれをしているので、カメラのシャッターを押しても
怖がりもせず、夢中で餌を食べていました。とても可愛かったです。
yoshi19.jpgyoshi20.jpg

週末に限らず、晴れた日にお弁当を持って、家族や友人と遊びに行かれてはいかがでしょうか?


さて吉祥寺といえば、この井の頭公園に向かう500mの間の狭い通りの両サイドに、飲食店がたくさんあります。


私のおすすめのお店を、2件紹介します。

1件目は、「ケーニッヒ 手造りハム・ソーセージ専門店」

店内は本場ドイツ同様、ショーケースにたくさんの生ハム、ソーセージと、所狭しと並べられており、
平日にも関わらず、狭い店内に買い物に来るお客さんでいっぱいになります。
店内でも飲食出来ます。

ビールはいつも20種類以上も置いてあるそうです。(無論、すべてドイツビールです!!)
私は、ケストリッツアーシュヴァルビアと、フランクソーセージをいただきました。

このビールは、大麦麦芽を原料に、下面発酵で造られた上品な味わいの黒ビールで、詩人のゲーテが
愛飲したことで有名です。
yoshi21.jpgyoshi22.jpg

この自家製ソーセージが、口の中に入れた瞬間、あまりの美味しさに絶句しました!!
肉と香料の絶妙に配合されたソーセージを、ぜひ召し上がってみて下さい。


2件目は、やきとりの「いせや」
ここは、テレビでもよく取材されるほどの有名店です。
yoshi23.jpgyoshi24.jpg

レモンサワーとやきとり4本盛り合わせと枝豆で、970円ととてもリーズナブルな金額で食べられます。
昨年建物を建て替えました。店内はとてもきれいです。座敷もあります。

公園巡りの帰りに、両店ともぜひ立ち寄ってみて下さい。


また、この通りには、小物店も軒を連ねています。
歩いて覗いているだけで時間を忘れてしまいます。
yoshi25.jpgyoshi26.jpg

ねこの置物があまりに可愛かったので、1つ購入しました。


以上、吉田の井の頭公園、吉祥寺商店紹介でした。

« 2014年4月 | ブログトップへ | 2014年6月 »