日本三大〇〇旅行記 【総務部 石崎】2014年02月25日 11:38

あさひハウジングセンター総務部石崎です。

今年の初めに妻と石川・福井県へ旅行に行ってきました。
能登空港で飛行機を降りまず、輪島塗の工房へ。

とてもセンスの良い汁椀があったので欲しかったのですが、購入可能な額と1桁程金額が
違っていたので諦め、匙と箸を購入。

その後、能登半島を時計回りに廻り白米千枚田へ
※画像をクリックすると、大きな画像をご覧頂けます。

1ishi.jpg


この後、天気が急変し一面雪景色になりました。
そこから珠洲・奥能登塩田村⇒禄剛崎灯台⇒ホテル宿泊⇒翌日、見附島(軍艦島)と見学し、

2ishi.jpg


「穴水」駅より「のと鉄道」に乗車。
穴水は今、注目の力士「遠藤関」の故郷との事で実物大の看板?が駅の入口にありました。

車両は1両のみでアニメのキャラクターが描かれており、車内アナウンスも
アニメキャラクターの声でした。
写真を見ると分かるのですが、電車にバックミラーがついているのは初めて見ました。

3ishi.jpg

次の「能登中島」駅下車後バスで巌門⇒千里浜なぎさドライブウェイへ


4ishi.jpg


当初、この時期はあまり通行できないとの事でしたが、運転手さんの計らいで急遽走る事に・・・
通常は砂の所を走るのですが写真の通り、バスで海の中を走って下さいました。
そこから日本3大〇〇好きとして外せない『日本三名園』の一つ今回のメインである兼六園へ。


雪吊をしている木々に雪が積もっているところを見たかったのですが、今回は珍しく殆ど雪がありませんでした。


5ishi.jpg6ishi.jpg7ishi.jpg


翌日、ひがし茶屋街へ行き黄金の茶室等々を見学。
不室屋 東山店のおやつ麩がとても美味しかったです。
値段は安くないですが、是非試食してみてください。


8ishi.jpg9ishi.jpg10ishi.jpg


石川県金沢から安宅の関を見学し福井県の永平寺へ。

修行僧が山籠もりしているイメージだったので、かなり山奥かと思っていましたが、
そこまでではなかったのですが、山の斜面に沢山の建物があり、建物を階段で繋いでいるので
建物内での登り下りが多く、年配の方は途中で休憩していました。


11ishi.jpg


そこから今回の旅最後の観光地、サスペンスドラマで有名な東尋坊へ


12ishi.jpg


思ったほどの絶壁ではないな、と思いつつも、近くへ行くと足がすくみました。

去年までに『三名瀑』(那智の滝、華厳の滝、袋田の滝)、『三名園』の水戸の偕楽園、日本三景の安芸の宮島、
『日本三大夜景』の稲佐山からの長崎市、『日本三名城』の熊本城等々行き、今回の兼六園で『三名園』は残り
岡山の後楽園。

他の所も、これから行く機会があれば行きたいと思っています。

皆様は、どんなテーマの旅をされていますか。
以上、住宅事業部 石崎でした。

« 2014年1月 | ブログトップへ | 2014年3月 »