銭湯ライフ 【総務部 並木】2012年12月13日 16:21

こんにちは、総務部の並木です。

先月、関東が今年一番の寒さに見舞われたその日に、我が家の給湯器が壊れました。
家族全員気付いていなかったのですが、ひと月前くらいから煙が出ていたそうです。(ご近所談)

直るまでなんと2週間弱かかりました。当然その間お風呂は使えず、銭湯通いです。

毎日しずかちゃんの如く2度3度と入浴するので、この寒い時期にかなりつらい思いをしましたが、
やはり広いお風呂はゆっくりできて気持ち良いですね。


会社帰りに毎晩通ったのが、最寄りにあるこの銭湯です。

hibari1.jpghibari2.jpg


レトロな佇まいで、清潔感はあれど、いかにも町場のお風呂屋さんと言った雰囲気。
流行りのスーパー銭湯とは違い、タオルや石鹸、シャンプーなどは自前が基本です。

ジャグジーと電気風呂、水風呂がありますが、サウナと岩盤浴はなんと別料金・・・
ドライヤー3分20円と言うのが衝撃でした。

十数年前にもお風呂が壊れたことがありまして、その際は三日程こちらの銭湯に通いました。

noda1.jpgnoda2.jpg

写真を見ると多少設備を新しくしたのかな?
当時はシャワーの出が悪く、蛇口も非常に低い位置にあり、とても使い難かった記憶があります。
でもお風呂自体は広くて超音波風呂や薬湯があり、ひばり湯よりバリエーション豊富でした。

山手の商店街にあるこちらの銭湯でもカルチャーショックを受けた記憶があります。

inari1.jpginari2.jpginari3.jpg

脱衣場には使途不明な昭和っぽい遺物がごちゃごちゃとおかれていて、男湯と女湯の境の塀には
謎の巨大などらえ○んらしき人形?が置かれていたような・・・
肝心のお風呂については何ひとつ覚えておりません。
でも、何だかいろいろ面白かったような気がします(゚∇゚ ;)

遊べるスーパー銭湯もいいけれど、昔ながらの銭湯も趣きがあってのんびり出来て、
なかなか良いものだなぁと再認識した並木でした。


東日本大震災でも避難所暮らしを余儀なくされた被災者の方々が大いに慰められたのは、
自衛隊が設営したお風呂だったそうです。
やっぱり体が温まるとホッとしますものね(*゚ー゚)シ

« 2012年11月 | ブログトップへ | 2013年1月 »